いちご鼻の治し方【簡単に行える方法・対策】

いちご鼻の原因と治し方・簡単な対策

ここでは、いちご鼻の原因と治し方・簡単な対策について詳しく解説します。

 

鼻の頭や小鼻に小さな黒いつぶつぶや凸凹がある状態を、その見た目の特徴から「いちご鼻」と呼んでいます。

 

一度その状態になると、普通の洗顔などでは改善できないため、困っている人も多いのではないでしょうか。

 

このいちご鼻を改善するには、まず、そうなってしまった原因を知ることが大切です。

 

適切な改善策が取れずに繰り返すことになるからです。繰り返すとますます悪化し、簡単に改善できなくなるということを念頭に置いてその原因を探ってみましょう。

 

いちご鼻の原因とは?【簡単な治し方】

いちご鼻でまず気になるのは黒いつぶつぶです。この正体は毛穴に詰まった皮脂や角質が酸化して黒くなったものです。

 

本来ならば洗顔などで自然と剥がれ落ちるものが肌表面に残り毛穴に詰まってしまっているのです。表面の凸凹は、これら角栓が毛穴を広げていることや、周囲の角質層が厚くなってしまった結果です。

 

原因は角栓ができてしまう原因とほぼ同じですので、同じケア方法で両方の改善を期待することができます。

 

これらの原因は主に3つに分けることができます。まず過剰な皮脂の分泌、ターンオーバーの乱れ、毛穴の広がりです。

 

ただ、これらは互いに影響し合う関係にもあります。まず過剰な皮脂の分泌ですが、肌は本来、皮脂を分泌することで乾燥や外部の刺激から守っています。

 

ところが、間違ったケア方法やメイクなどによる肌の負担などによって乾燥するようになると、それを防ぐために皮脂を多く分泌するようになります。

 

そして余分な皮脂が古い角質などと一緒に毛穴を詰まらせることになるのです。同時に過剰に分泌された皮脂は角質層へのダメージにもなり、肌荒れや角質層の硬化などの原因にもなります。

 

ターンオーバーの乱れは老化や生活習慣の乱れやストレスといった体の中に原因がある場合と、乾燥によって古くなった角質が剥がれにくくなっている場合、その反対に外部からの刺激で必要以上に角質が剥がれてしまっている場合などがあります。

 

どれに該当しても肌表面の角質層の状態が乱れ、その隙間を覆うように皮脂や角質が溜まって毛穴をふさぐ結果につながります。皮脂が過剰に分泌されることでターンオーバーに悪影響を及ぼすこともあります。

 

毛穴の広がりは加齢によるたるみが原因の場合もあれば、繰り返す角栓の詰まりによって毛穴を広げてしまっていることもあります。

 

つまり、過剰な皮脂の分泌やターンオーバーの乱れを繰り返した結果として毛穴が広がってしまっているということもあるというわけです。

 

このようにいちご鼻の原因はいくつか考えられますが、心当たりがいくつもあるという人も少なくないはずです。まずはできることから徐々に改善し、その原因を断ち切るようにしましょう。

 

いちご鼻の治し方

いちご鼻は角栓の黒いつぶつぶと肌表面の凸凹が特徴ですが、角栓を取り除き、その状態を長く維持することを心がけることで徐々に改善されるようになります。

 

一般的には剥がすタイプの専用パックや綿棒、ピンセットなどを使っての除去方法が知られていますが、根本的に改善したいならばこれらの方法はおすすめできません。

 

肌への負担が大きく悪化させる可能性もあるからです。どうしても急いで除去したい時に応急措置として行う以外は控えるようにしましょう。

 

角栓は普通の洗顔ではなかなか落ちません。しかし洗顔前に一工夫することで簡単に除去しやすくなります。角質は皮脂と古い角質が詰まったものなので、それらが毛穴から出やすくなるように肌表面の温度を上げてあげれば良いのです。

 

方法としてはホットタオルで蒸すのがおすすめです。十分に温まったら、クレンジングや洗顔料でくるくると円を描くように洗い落とします。

 

ポイントは、洗い流す際の水の温度にも気を付けるということです。冷水を使用すると温めた効果が薄れてしまうので、人肌程度のお湯でしっかりと洗い流すようにしましょう。

 

同じく洗い流すタイプのマッサージクリームもおすすめです。やはり使用前に蒸しタオルで肌を温めることと人肌のお湯で洗い流すことがポイントですが、マッサージの効果で肌表面の温度も上がります。肌はとても薄いものなので、力を入れずに表面を軽くマッサージするだけでも高い効果があります。

 

スペシャルケアと一緒に角質除去も行ってしまいましょう。角質のない状態を長く維持するには、保湿と毎日の丁寧な洗顔・クレンジングが大切になります。

 

保湿力を高めることで水分と油分のバランス改善と、古い角質をスムーズに除去することが可能になるからです。朝晩たっぷりと保湿し、乾燥が気になる季節は外出先でも化粧水スプレーなどで対策するようにしましょう。

 

また洗顔やクレンジングを丁寧に行うことで角栓の元となる余分な皮脂や古い角質を肌にためこまなくすることができます。

 

丁寧とはいっても時間のかけすぎは良くないので、手早くも隅々まで、そしてしっかりと洗い流すことを心がけてみてください。

 

いちご鼻の改善には生活習慣の改善や栄養バランスを整えることも大切です。過剰なストレスも悪影響となるので、スポーツやカラオケなどで適度に発散するようにしましょう。

 

ただ、毛穴が開ききってしまってなかなか改善しないようならば、皮膚科でのレーザー治療という手段もあります。

 

いちご鼻の改善が難しいようならば一度相談してみても良いかもしれませんが、まずは洗顔の見直しから始めましょう。

 

使用する洗顔選びも重要です。

 

⇒ いちご鼻のケアに「どろあわわ」を試す